火災保険

火災保険・地震保険

火災保険、地震保険の用語集

ま行

明記物件
家財(動産)を保険の目的とする場合、1個1組の価額が30万円を超える貴金属、宝石、書画、骨董、彫刻品その他の美術品などは明記物件といい、契約時に保険契約申込書に明記しないと保険の目的にふくまれない

←前のページ   次のページ→

 

火災保険・地震保険用語集一覧へ