火災保険

火災保険・地震保険

火災保険、地震保険の基礎知識

地震保険の商品内容

地震保険は、地震、噴火またはこれらによる津波によって生じる損害に備えるための保険です。
被災者の生活の安定を目的とする保険であるため、対象が「住居として用いられる建物(建物の全部または一部で現実に世帯が生活を営んでいるもの)及び「家財」に限られます。
また、「家財」については生活用動産に限られ、貴金属、宝石、書画などで1個または1組の価格が30万円を超えるものや、通貨、預貯金証書、切手、印紙などについては、保険の目的に含まれません。

地震保険の契約方法

地震保険は単独では引受ることができません。必ず保険の目的を同じくする住宅総合保険等の火災保険契約に付帯して契約します。
※「地震被災者のための生活再建費用保険」のご契約は単独でも可能です。

保険金額の設定方法

保険金額は主契約である火災保険契約の保険金額とは別に定めることになっています。
建物については主契約の30%〜50%(ただし5,000万円を限度)
家財については主契約の30%〜50%(ただし1,000万円を限度)

保険金が支払われない主な場合

T.保険契約者や被保険者の故意・重過失、法令違反
U.事故の際における保険の目的の紛失・盗難
V.戦争、暴動など
W.核燃料物質による事故
X.地震等が発生した日から10日経過した後に生じた損害

←前のページ

 

火災保険・地震保険用語集一覧へ