火災保険

火災保険・地震保険

火災保険、地震保険の基礎知識

火災保険の必要性

「自分の家では火の用心は万全だから大丈夫!」
「隣の家からのもらい火で燃えてしまったら損害賠償を請求するから大丈夫!」
という人は火災保険の契約は不要でしょうか?
いくら火の取扱いに気を使っていても限界があるものです。約9分に1件もの割合で火災が発生している社会において、自分だけが絶対に火災を起こさないとは言い切れません。また、隣家からのもらい火で自宅が消失してしまっても「失火も責任に関する法律」によって多くの場合は、火元の損害賠償責任が免除されることになっていますので、火元からの損害賠償を期待することはできません。

←前のページ   次のページ→

 

火災保険・地震保険用語集一覧へ